ブログ用画像編集に便利なツール「Skitch」

画像の切り取りや文字・矢印の書き込み等の基本的な加工ができるツール「Skitch」を紹介します。

概要

  • 画像を簡単に加工できる。切り取り、文字、矢印挿入など。
  • サクッと加工したい場合にはとても便利。
  • UIが独特(私の主観)。細かいところまでこだわるには限界がある。

インストール

公式サイトからソフトをダウンロードします。ダウンロードしたインストーラを起動します。



次へ



同意して次へ



インストール先を指定して次へ



次へ



Evernoteが不要なら下のチェックボックスは外して終了

インストール後に最初にしておくべき設定

初期設定では、PC起動(ログイン)後すぐにSkitchがタスクバーに起動します。また、Skitch終了後もバックグラウンドで動作を継続します。(PCスペックが低い場合は特に)PCが重くなる原因になりかねないので、気に食わない人はこの設定を解除しておきましょう。編集→環境設定で、「コンピュータのログイン時にタスクバーでSkitchアプリを起動する」と「Skitch終了後も、タスクバーでSkitchアプリをバックグラウンドで起動しておく」のチェックボックスをはずします。

使い方

画像は保存してあるものを開くなりクリップボードから読み込むなりします。

切り取り

ツール→切り取り・サイズ変更(Ctrl+Alt+K)から行います。範囲を指定後、適用ボタンを押します。

モザイク

ツール→モザイク処理(Ctrl+Alt+P)から行います。範囲を指定すればモザイク加工が入ります。モザイクの細かさの設定はできません。

矢印

ツール→矢印(Ctrl+Alt+A)から行います。矢印の起点と終点を指定します。太さ指定は後述。

テキスト

ツール→テキスト(Ctrl+Alt+T)から行います。テキスト挿入個所を指定してテキストを打ち込みます。フォントサイズの指定は後述。

図形ツール

長方形(Ctrl+Alt+R)、角丸長方形(同+U)、楕円(同+O)(いずれもツール→(目的の図形))を書き込めます。線の太さ等の指定法は後述。

線の色・太さの指定

画面左下の平行四辺形っぽい図形(色つき)をクリックすると、線の太さや色を指定するツールが出てきます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: