日本の社会保障システムは機能不全に陥っている。ベーシックインカムを核にした新システムに再編してもいいのではないか?

日本における社会保障システムは、すでに機能不全に陥っていると思います。この現状を打開するために、「ベーシックインカム」の導入を検討する価値があるのではないでしょうか?

ベーシックインカムと社会保障

  • ベーシックインカムは、超適当に言えば「全国民に最低限生き延びるために必要なお金を支給する」システム。
  • 年金や生活保護や雇用保険(失業保険)などはベーシックインカムに一本化できるため、社会保障のシステムは現在よりも簡素になることが期待できる。わかりやすいことはいいことだ。
  • 最低限生き延びる手段がベーシックインカムによって保証されれば、ブラック企業にしがみつく必要はなくなるからブラック企業は淘汰される。「賃金が支払われないが社会的に必要な労働(家事や育児、ボランティア活動など)」も行いやすくなり、結果として暮らしやすい社会になる。
  • 課題はあるが、社会保障システムの再編が必要な現状下においては、ベーシックインカムを核にした新システムの導入を検討する価値はあるだろう。

日本の社会保障システムの行き詰まり

現在の日本の社会保障システムは、将来支給されるかどうかも怪しい年金、水際作戦で支給されるべき人に支給されない生活保護、とまあこんな感じで非常にグダグダで機能不全に陥っています。これまではどうにか維持できていたシステムも、もはや維持不可能な状態に近づきつつあるといえるでしょう。

そこで考えたいのがベーシックインカムの導入です。ベーシックインカムでは、全国民に一律で最低限生き延びるために必要なお金を支給するので、これによって生活保護や年金、雇用保険(失業保険)を代替することが可能になります。3つのシステムに分かれていたものを1つに統一できるので、事務コストの削減ができ、行政は効率化されます。

また、最低限生き延びる手段がベーシックインカムによって保証されるので、生活のためという理由で無理にブラック企業にしがみつく必要がなくなります。結果として、ブラック企業からは人が離れ、ブラック企業は滅び、労働市場も健全化されます。豊かな生活をしたい人はその分のお金を稼ぐために労働市場に出てきますが、彼らは現在よりも健全化がなされた労働環境で、もっと快適に働くことができます。

また、「賃金が支払われないが社会的に必要な労働」というものも少なからず存在します。家事や育児、ボランティア活動、PTA活動などがこれに該当するでしょう(家事代行サービスや保育所などは存在しますが)。現在のシステムでは、これらの労働の担い手は賃金を得られず、生活の足しにならない労働なので、結果としてこれらの担い手が減少することになります(家事代行サービスや保育所などはこのカネにならない労働をなんとかカネになる労働に転換するべく生まれたシステムとも言えます)。ベーシックインカムがあれば、生活保障があるので、それらの労働の担い手も増加することが期待できます。ベーシックインカムには「賃金が支払われないが社会的に必要な労働」の担い手に光を当てるものでもあります。

課題はあるが、一考の価値があるベーシックインカム

ベーシックインカムの導入において、問題視されるのは財源問題です。避けては通れない問題ですが、年金や生活保護、雇用保険などはベーシックインカムで代替されるので、現在それらに充てられている予算はほぼ全額をベーシックインカムに回すことができます。また、最低限の生活保障をベーシックインカムによって行えるため、所得税などの控除を削る余地が出てきます。それによる所得税の増収もありますし、そもそも年金や雇用保険などの保険料が所得税か何かに一本化されることによるコスト削減分も含めれば、おそらく財源の捻出はやってやれないことはありません。

ベーシックインカムの導入にも課題はありますが、それを言えば現在の社会保障システムにだって課題はあります。そうであれば、日本の社会保障がこれ以上機能不全に陥って破綻する前に、ベーシックインカムを核とした新システムを考案し、導入することを検討する(そして実際に導入する)価値はあるのではないでしょうか。社会保障問題は、生活に密接に関わっているだけに、みんなで考えなければならない問題なのです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: