2つのテキストを比較して差分を表示する「テキスト差分表示ツール」

テキストファイル、Word,Excelファイルの差分を比較して表示、差分結果のCSV出力まで行えるソフト「テキスト差分表示ツール」を紹介します。

概要

  • 2つのテキストやWord,Excelファイルを比較して差分を表示できる。
  • フォルダを丸々指定して2つのフォルダで比較することも可能。
  • 使用にはVB6ランタイムが必要。

詳細は以下

インストール

Vectorのページからソフトをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを適当な場所に解凍しましょう。

ファイル単品で比較する場合は中にあるTextDiffDsp.exeを、フォルダごと比較する場合はFdateCompare.exeを起動します。

使い方

単品比較



比較したい2つのファイルをファイル1、ファイル2で指定します。必要なら文字コードも指定してください。指定後比較が行われます。「差分のみ」にチェックを入れると差分のみが表示されます。画面の例では、私がこの記事を執筆するのに使用しているez-HTMLの設定ファイルの比較を行っています。差が発生している行と行番号が表示されています。

フォルダごと比較



比較したい2つのフォルダを指定すれば比較が実行されます。追加されたファイル・変更されたファイルが表示されます。「差分のみ」にチェックを入れると差分のみが表示されます。サブフォルダ内を比較するかも指定できます。

結果の出力

ファイル→表示内容を…で保存から比較結果の出力が行えます。Excel形式、HTML形式、CSV形式の選択が可能です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: