メールの送信時間を指定できるThunderbirdアドオン「後で送信」

メールを後で送信するアドオン「後で送信」を紹介します。

インストール

Thunderbirdアドオンマネージャー(「メニュー」→「アドオン」で表示)にアクセスし、「後で送信」で検索、インストールします。

設定

インストール後、「アドオンマネージャー」→「後で送信」→「設定」

一般

「”送信”を”後で送信”にする」にチェックを入れると、すべての送信の前に「後で送信」のメニューが出ます(ワンクリックで送信されなくなります)。好みで選んでください。後は初期設定でもOKです。その他のタブの設定も初期設定のままでOKです。

使用


まずは普通にメールを作成します。作成完了後、Ctrlキー+Shiftキー+Enterキー(先ほどの設定によってはAlt+Shift+Enter)を同時押しします(「”送信”を”後で送信”にする」にチェックを入れた場合は「送信」ボタンでもOK)。その後送信日時を指定して実行します。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: