注射針を怖がる人々は、経口ワクチンや経鼻ワクチンの普及を願う。「痛み」という恐怖を取り去るだけでも、「予防接種しよう」と思う人は増えるかもしれない。

投稿日:

巷では麻疹が流行しているようですが、(2016年9月地点で)エボラ出血熱やジカ熱、デング熱などとは違い、麻疹にはワクチンがあります。ワクチンも完全ではありませんが、それでも何もしないよりは確実にリスクを抑えられます(だから税金を使ってまで定期接種を行う)。さて、ここからは私のいささか自分勝手な意見となりますが、何とかして全ての予防接種から針を刺す痛みと恐怖をなくすことは出来ないのでしょうか。

みんなのトラウマ(かも知れない)注射。痛みの少ない針が開発されようとも、注射針を見ればたちまち恐怖の記憶が甦る。現在は針を刺して接種しているワクチンについても、経口ワクチンはないものか。経鼻でもいい。

  • 読者の皆様の中にも、注射が怖い人はいるかもしれない。私とて注射は怖い。最近の針は痛みがだいぶマシになっていると理屈では理解できても、注射針を見ればたちまち幼き日の恐怖の記憶が甦る。私の場合は、注射の怖さが「わざわざ高い金を払って痛い思いをしてまでドーピングや薬物に手を染めたくない」という方向にも作用しているが、予防接種に二の足を踏ませるというありがたくない副作用を抱えている。痛し痒し。
  • 経口ワクチンなら飲み薬と同じような感覚で予防接種が出来るのだから、少なくとも「痛み」はないはずだ。苦い薬ならそれこそオブラートに包んで飲めばいい。経鼻ワクチンは鼻の中にスプレーするらしいが、痛みは皮膚に針を刺すよりもずっとマシなはずだ。私としては、針刺しの恐怖から逃れられるのなら2000円~5000円位は追加料金を払ってもいいと思っている。経口・経鼻ワクチンで予防接種ができるようになるだけでも、注射恐怖症の人が予防接種に行くようになるかもしれない。

肌に針をさす恐怖。理屈では針を刺してもそれほど痛くないことが分かっていても、幼少期に痛い予防注射を経験している人の一部(?)は、注射針を見れば恐怖が甦ることだろう。

皆様の中には、幼少期に予防注射で痛い思いをさせられ、その時の恐怖が今でも脳裏に焼き付いている人もいるかと思います。幼少期は予防接種から自力で逃げることが出来ませんから(大人になっても予防接種から逃げるわけにはいかないのですが)、親の「今日は予防接種に行くよ~」の一言を、処刑台にでも登るような気持ちで聞いていた人もいるかもしれません。…書いてるこっちも注射針が怖くなってきました。なお、注射針を怖がる人間である私は、ドーピングや薬物犯罪などのニュースに対する感想が「よくもまあ高いカネ払ってまで注射針を刺せるなあ」「どうして注射針刺してまでドーピングや薬物をやるアホがいるんだ」といったものになります。

さて、最近は痛みの少ない注射針(ナノパス33の名を知る人も多いのでは?)も開発され、注射針による痛みは随分と軽減されたはずです。注射針の恐怖に怯えていた幼少期ではありませんから、痛みが軽減されていることは、理屈では理解できます。しかし、それでも幼少期に味わった怖さはなかなか抜けないもので、私は今でも注射針が怖いです。皆様の中にも、そういった方はいるのではないでしょうか。そして、注射針の怖さが、一部の人に予防接種に二の足を踏ませる原因となっているのではないかと思うのです。

経口・経鼻ワクチンなら針刺しの恐怖から解放され、予防接種に行こうかなという気になる。私としては、針刺しの恐怖から逃れるためなら5000円位までなら追加料金を許容できる。(意訳:経口・経鼻ワクチンの開発はよ)

経口ワクチンであれば、それこそ飲み薬のようにぐいっと飲み込むわけですから、針を刺す痛みと恐怖から解放されます。仮にワクチンが苦い粉薬だったとしても、オブラートに包んで飲めば何の問題もありません。なお、2012年に入ってからポリオの予防接種が生ワクチン(経口)→不活性化ワクチン(針刺し)に切り替えられました。安全性のことを考えれば仕方ないのかもしれませんが、不活性化ワクチンについても経口ワクチンが開発されたら良いなあと個人的には思っています。

経鼻ワクチンは、最近になってインフルエンザのワクチンが開発中となっています。針刺しの痛みと恐怖から解放されるわけですから、開発が完了した暁には、全国の注射針が怖い(がインフルエンザワクチンを打とうと思っている)人々が病院へ行き、インフルエンザワクチンを打つようになると思います。

針刺しの恐怖とは別の理由で予防接種を忌避する人もいるようですが、予防接種から針刺しの恐怖を取り去ることで、人々がもっと積極的に予防接種に行くようになるのではないかと思います。私としては、針刺しの恐怖から逃れるためなら2000~5000円位までなら追加負担を許容できますが、できれば追加負担無しで針刺しワクチンと経口・経鼻ワクチンを自由に選択出来るようになる日が来たら良いなあと思っています。最後まで欲望丸出しの記事です。おそまつさまでした。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: