様々なWEBページを収集し保存できるサービス「Wayback Machine」(Internet Archive)

投稿日:

インターネット上にはたくさんのWEBページが公開されていますが、これらはサイト管理者の方針次第で簡単に削除されたり、内容が変更されることがあります。しかし、Internet Archiveに保存すれば、Wayback Machineを使って当時のWEBページをいつでも表示することが出来るようになります。

もくじ

  • 「Wayback Machine」(Internet Archive)とは
  • 使い方(WEBページの保存)
  • 使い方(保存されたWEBページの閲覧)

「Wayback Machine」(Internet Archive)とは

Internet Archiveは、WEBページに限らず様々なデジタル情報をアーカイブ(保存)しています。ここでは多種多様なWEBページがアーカイブされており、Wayback MachineでURLを指定すれば当時のWEBページを閲覧することができます。

インターネット上に公開されているWEBサイトは、管理者の方針や不慮の事故(サーバーダウン、ドメインの更新忘れetc.)である日突然消えてしまったり、あるいは内容が書き換えられることがあります。そのような場合でもある日のWEBページの中身がわかるようにしたい時に、「Wayback Machine」(Internet Archive)を使用してWEBページの状態を保存することがあります。

使い方(WEBページの保存)


WEBページを保存したい場合は、Wayback Machineにアクセスし、「Save Page Now」と書かれた下にあるURL入力欄に保存したいWEBページのURLを入力してから「SAVE PAGE」ボタンを押しましょう。


無事にWEBページが保存されれば、こんな感じの画面が表示されます。解説画像の中央にデカデカと表示されているURLは、保存したページを閲覧するためのURLです。

但し、保存しようとしたWEBページがrobots.txtなどでクローラーの巡回を拒否しているような場合は保存できません。どんなWEBページでも完璧に保存できるわけではない、という点には留意しましょう。

使い方(保存されたWEBページの閲覧)


保存されたWEBページを閲覧したい場合も、まずはWayback Machineにアクセスしましょう。過去の状態を閲覧したいWEBページのURLを検索窓に打ち込み、「BROWSE HISTORY」ボタンを押しましょう。


同一URLのWEBページでも、保存された日時によって状態は異なります。閲覧したい日時をカレンダーから指定しましょう。


無事に中身が表示されました。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: