Zenfone5(Android4.4)をセーフモードで起動する(不具合発生時に有効なテクニック)

スマートフォンの調子が悪くなった場合は「とりあえず再起動」が有効ですが、それだけではどうにもならない場合もあります。そのような時に有効なのが「セーフモードでの起動」です。このページでは、Zenfone5をセーフモードで起動する方法を解説します。

もくじ

  • セーフモードとはなんぞや
  • Zenfone5をセーフモードで起動する手順

セーフモードとはなんぞや

Androidにおけるセーフモードは、Windowsのセーフモードのように必要最低限の構成で起動します。Androidをセーフモードで起動する場合の動作は以下のとおりです。

  • システムは工場出荷時にプリインストールされたアプリのみで起動(後から入れたアプリが自動起動することはない)
  • アプリと個人データは保持される
  • エラーの原因となっているアプリをアンインストールできる
  • ホーム画面の左下に「セーフモード」の文字が表示される

スマホにインストールしたアプリが原因で正常に起動できなくなった場合でも、セーフモードであれば起動できることもあります。セーフモードで起動してデータを救出し、不具合の原因となっているアプリをアンインストールしてスマホを復旧できる可能性もあるので、困った時のためにセーフモードでの起動方法を頭の片隅にとどめておくと良いでしょう。

Zenfone5をセーフモードで起動する手順

電源オンの状態からセーフモードに入る

スマホの電源が既にオンになっているところからセーフモードに入る場合は、スマホを一旦再起動する形になります。


まずは電源ボタンを長押しし、この画面が出たら「電源を切る」を長押しします。


この画面で「OK」を押せば、セーフモードで再起動されます。


セーフモードで起動した場合は、このように画面左下に「セーフモード」の文字が入ります。

電源オフの状態からセーフモードで起動する

不具合が発生して正常起動できなくなった時に望みをかけるのがセーフモードですから、電源オフの状態からセーフモードで起動する手順も知っておく必要があるでしょう。Zenfone5を電源オフの状態からセーフモードで起動する場合は、まずは普通に電源ボタンを押して電源投入します。その後画面に「ASUS」のロゴが表示されたらボリュームボタンの下側(ボリュームを落とす時に押す方)をホーム画面が表示されるまで押し続けてください。セーフモードで起動されるはずです。

セーフモードを解除する

セーフモードの状態でスマホを普通に再起動すれば、セーフモードは解除されます。この辺はWindowsと変わりません。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: