フリーで便利なライティングソフト「BurnAware Free」のインストール・日本語化方法

CD-RやDVD-R,BD-Rなどにデータを書き込むためには、対応したドライブと「ライティングソフト」が必要になります。このページでは、通常のデータの光学メディアへの書き込みのみならず、ISOイメージの作成や光学メディアへの書き込み、ディスク内データの消去機能なども搭載している「BurnAware Free」のインストール・日本語化のやり方を解説します。

もくじ

  • BurnAware Freeの特徴(別記事)
  • インストール方法
  • 日本語化の手順
  • 使い方(別記事)

インストール方法

まずは公式サイトのダウンロードページにアクセスしましょう。


今回は無料版を使うので、「BurnAware Free」のダウンロードボタンを押します。ダウンロードが完了したら、ダブルクリックでインストーラを起動しましょう(UACが反応するので許可を与えて続行)。


言語選択画面です。残念ながらインストーラは日本語非対応のようなので、「English」で進めます。「OK」


「Next」


「I accept…」をチェック(ライセンス条項に同意)して「Next」


インストール先を指定して「Next」(注:インストール先は覚えておくこと。日本語化時に使います。)


プログラムグループを指定して「Next」


ショートカット作成先を指定して「Next」


「Install」


「Finish」(注:この後すぐに日本語化に入るのでチェックは外すのが無難)

日本語化の手順


日本語化パッチは、BurnAware Free 日本語化パッチファイル ダウンロードにて配布されています。こちらからダウンロードしましょう。


ダウンロードしたファイルを解凍し、中にある「BurnAware90_20160323_Jp01.exe」をダブルクリックで実行します(UACが反応するので許可を与えて続行)。


起動するとこんな感じの確認画面が出ます。「はい」


パッチ適用先のフォルダを指定します。インストール時に指定したインストール先フォルダをここで指定しましょう(変更していなければ C:\Program Files (x86)\BurnAware Free)。「OK」


パッチの適用が無事に終わればこんな画面になります。BurnAware Freeを起動すれば、日本語表示になっていることを確認できるでしょう。使い方は別記事での解説です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: