カテゴリ:ブラウザのアドオン

JavaScriptやCSSの有効/無効を簡単に切り替えられるGoogle Chromeの拡張機能「disable-HTML」

投稿日:2017年11月18日
最終更新日:

WEBサイトの作動確認などのために、ブラウザでJavaScriptやCSSの有効/無効を頻繁に切り替えるような場合に便利なGoogle Chromeの拡張機能「disable-HTML」を紹介します。

もくじ

  • 「disable-HTML」の概要
  • インストール手順
  • 使い方
続きを読む

隠されたパスワードを見えるようにするスマホ(Android)版Firefoxアドオン「Password Exposer」

投稿日:2017年02月25日
最終更新日:

WEBサービス等にログインするときのパスワードをスマホに覚えさせたが、入力しなければならないシーンでパスワードを思い出せない…というときには、「Password Exposer」で隠されたパスワードを可視化してしまいましょう。もちろん悪用厳禁です。

もくじ

  • 「Password Exposer」の概要
  • インストール手順
  • 使い方
続きを読む

Google Chromeでリンクタグ作成を簡単に行える拡張機能「リンク作成ツール」

投稿日:2017年01月30日
最終更新日:

WEBサイトあるいはブログ記事を作る際には、様々なWEBページへのリンクを作成することがよくあります。しかし、リンクタグを毎回イチから自分で作るのは面倒です。「リンク作成ツール」という拡張機能を導入すれば、リンクタグ作成作業が大幅に簡略化されます。

もくじ

  • 「リンク作成ツール」の概要
  • インストール方法
  • 使い方
続きを読む

Firefoxのライブブックマークをバックアップできるようにするアドオン「OPML Support」

投稿日:2016年05月12日
最終更新日:

Firefoxでは、ライブブックマークを利用してWEBサイトの更新情報を受信する機能が搭載されています。本ページでは、ライブブックマークのインポート・エクスポートを可能にするFirefoxアドオン「OPML Support」を紹介します。

もくじ

  • OPML Supportの特徴
  • インストール手順
  • 使い方
続きを読む

Firefoxで署名されていないアドオンを無理やり使う

投稿日:2015年12月22日
最終更新日:

Firefoxにおいて、無断で設定を変更したり個人情報を盗み出したりする悪質なアドオンからユーザーを保護するために、Mozilla側でアドオンを検証し、大丈夫なものには「署名」がされます。そして、署名がされていないアドオンをインストールしようとすると(元からインストールされていた場合でも)、Firefoxによってアドオンが無効化され、使用不能になります。しかし、時には未署名のアドオンを使う時もあるかもしれません。そんな時のための設定変更法を解説します。セキュリティレベルはていかするのでくれぐれも注意して利用して下さい。参考サイトFirefox のアドオン署名 | Firefox ヘルプ

設定法の概要

  • アドレスバーに「about:config」と打ち込み、設定変更メニューに入る。
  • 検索窓に「xpinstall.signatures.required」と入力し、出てきた設定を右クリック。
  • 「切り替え」で値をtrue(初期設定値)からfalse(ユーザ設定)に切り替える。
続きを読む