9月28日は世界狂犬病デー。日本はここまで半世紀以上にわたって狂犬病の発生を防いできた。そして、今後も狂犬病の発生を防がねばならない。ペットを飼うなら予防接種を確実に。

投稿日:

9月28日は、世界狂犬病デーです。狂犬病ワクチンを開発したルイ・パスツールの命日に因んでいます。日本ではすっかり存在感が薄くなってしまった狂犬病ですが、海外では未だ多くの国で発生しているようです。

狂犬病は過去の病ではない。日本では半世紀以上にわたって狂犬病の発生を防いできたが、この平和は先人たちの絶え間ない努力と数多の動物の犠牲の上にあるものだ。そして、今後も狂犬病の発生を防ぎ、平和を維持し続けなければならない。

  • 日本ではすっかり馴染みが薄くなった狂犬病だが、世界に目を向ければ、狂犬病は多くの国で発生している。狂犬病は一度発症したらほぼ確実に死の運命が待っている恐ろしい病気。病名に「犬」と付いているから人間にはかからないと思っている人ももしかしたらいるかもしれないが、狂犬病に感染した動物に噛まれれば、人間でも狂犬病ウイルスが感染し、発症する(狂犬病は全哺乳類に感染する)。
  • 「日本では長らく狂犬病が発生していないから予防接種なんて要らない」と言う人もいるが、日本が外国と貿易をする限り、常に狂犬病に感染した動物が上陸してくるリスクにさらされる。先人たちの絶え間ない努力と数多の動物の犠牲により、日本は半世紀以上にわたって狂犬病の発生を防ぎ、安寧を維持してきた。が、今日大丈夫だったからといって明日も大丈夫という保証はない。ペットを飼うならば、きちんと予防接種をしなければならない。

狂犬病は一度発症したらほぼ確実に死ぬ恐ろしい病気。とにかく予防が肝心だ。

FORTH|最新ニュース|2012年|狂犬病について(ファクトシート)によると、世界では毎年5万5000人以上の人が狂犬病で亡くなっています。厚生労働省の資料(PDF)でも、日本以外の狂犬病清浄地域はイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどのごく限られた国です。日本ではすっかり馴染みが薄くなった狂犬病ですが、決して過去の病というわけではありません。

狂犬病は全哺乳類に感染する可能性がある病気であり、人間も狂犬病に感染した動物に噛まれれば、狂犬病ウイルスが入ってきます。人間の場合は狂犬病ウイルス感染後にワクチンを打つことによって発症を防ぐことはできるものの、一度発症したら万事休すです。発症後の効果的な治療法は2016年9月現在確立されておらず、致死率だけ見れば最近になってアフリカで猛威を振るったエボラ出血熱(致死率80%)をも上回り、ほぼ100%です。

一度発症したらそこでゲームオーバーですから、狂犬病はとにかく予防が大切です。ペットにはきちんと予防接種を行う必要がありますし、狂犬病が流行している地域に渡航する場合は、人間の方も医師と相談した上で狂犬病ワクチンを打っておいたほうがいいかもしれません。そして何よりも、動物と不用意に接触しないこと、噛まれないことが重要です。万一噛まれた場合は、とにかく急いでワクチンを打つ必要があります。

狂犬病に感染した動物がいつ日本に侵入してきてもおかしくない時代。やはり予防接種は必要である。

日本では1950年代に狂犬病が国内から撲滅され、以降は海外で動物に噛まれて帰国後に狂犬病を発症した事例はあっても、国内での狂犬病発生は半世紀以上にわたって確認されていない状態が続いています。先人たちの狂犬病撲滅のための努力と、狂犬病に感染した動物たちの犠牲の上に、現在の(狂犬病がないという意味での)平和があるのです。

しかし、御存知の通り日本は外国と貿易をしていますから、当然人や物の動きがあります。動物がペットとして海外から輸入される場合もあり、いつ狂犬病が日本に再上陸してもおかしくはないわけです。幸い日本には海という天然の城壁があり、狂犬病に感染した動物も検疫所で上陸を阻止しているおかげで狂犬病の再上陸を水際で食い止めることができています。しかし、何らかのきっかけで狂犬病が侵入して来ることがあれば、日本は再び狂犬病の脅威に怯えることになります。今日は大丈夫だからといって、明日も大丈夫である保証はありません。

「日本では長らく狂犬病が発生していないから予防接種なんて要らない」と言う人もいますが、狂犬病の流入リスクがある以上、こちらも狂犬病への耐性をつけておく必要があります。狂犬病予防法で飼い犬の登録と毎年の予防接種が義務付けられているのも、犬に免疫をつけて狂犬病侵入時のパンデミックを防ぐためです。自分の身の安全を守るためにも、地域や国家の安全のためにも、ペット(特に犬)を飼うのであれば、狂犬病予防法に則ってきちんと登録を行い、毎年予防接種を受けさせなければなりません。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: