Monacoin採掘プール「ASICpool.info」の使い方

Monacoinの流通を支える「採掘(マイニング)」ですが、現在はPoolでの共同採掘が一般的です。Monacoin採掘プールもいろいろ有りますが、今日はもなとれ(Monacoin←→各種暗号通貨の取引所)運営者が管理している「ASICpool.info」を紹介します。

概要

  • それなりに大規模なプール。CPUマイニング勢(採算取れないけど)からクラウドマイニング勢まで対応。
  • 採掘機器のスペックに応じて適切な設定がされるはず。
  • UIの多くは英語だが頑張ろう。
詳細は以下

利用登録

…は、こちらで解説しています。

使い方

採掘のための設定


メニューの大半は英語ですが、頑張って設定を進めましょう。まずは「Worker」を作成します。基本的には採掘機器1台にWorkerを1つ割り当てます。複数の機器を使用して採掘する場合は、その分だけWorkerを作成します。「My Account」→「My Workers」をクリック


こんな感じの画面で、Workerの作成・管理を行います。

Worker作成時の注意事項は、ワーカー名・パスワードともに、記号を使わない(半角英数字だけで設定する)ことです。採掘時の設定の関係上、記号が登場すると色々と厄介なので、基本的には半角英数字でつけます。あと、ワーカーのパスワードは必ずユーザーパスワードとは別のものを使いましょう。ワーカーパスワードは、流出したところでコインを横取りしたり、個人情報を盗めるわけではないので、極端な話「123456」とか「qwerty」とかでも大丈夫です(ユーザーのログインパスワードでこれを使うのは厳禁)。

採掘サーバーの設定

最新の公式ページの記述に従ってください。以下2015年10月2日現在の情報です。

ASICpool.infoでは、採掘用サーバーを日本・アメリカ・オランダの3箇所に設置しています。暗号通貨採掘において、タイムラグは少なければ少ないほどいいです。採掘機器の設置場所に合わせて、適切なサーバーを使いましょう。

  • 日本サーバー: stratum-jp.asicpool.info
  • アメリカサーバー: stratum-us.asicpool.info
  • オランダサーバー: stratum-eu.asicpool.info

また、採掘機器のスペックに応じてポート番号が異なります(適切なポート番号を設定することにより、効率が上がります)。

ポート番号 ハッシュレート 備考
2101 100KHash/s~1Mhash/s(1000KHash/s) CPUやそこそこのGPUならこの辺
2102 1Mhash/s~10MHash/s ハイスペックなGPUならこの辺
2103 10MHash/s~100MHash/s クラウドマイニングならこの辺
2104 100MHash/s~1GHash/s(1000MHash/s) クラウドマイニングならこの辺
2105 1GHash/s~10GHash/s 大規模にクラウドマイニングするなら到達するかも…
6969 テスト用 テスト以外での使用はしないこと

だいたいこんな感じです。自分の機器の能力を把握し、適切なポート番号を設定するようにしましょう。

出金について

プールからの出金は、手動の場合は1Monaから可能です。


「My Account」→「Edit Account」で、出金メニューにアクセス可能です。出金には、4桁のPINが必要になります。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: