BitcoinやMonacoinって、結局どうやって使えばいいのさ?という疑問に適当に答える 続き

前回の続きから話を進めます。タイトルが大変化を遂げているあたりはスルーします。

BitcoinやMonacoinといった暗号通貨って何なの?という疑問を持っている方は少なくないと思います。この記事には、(私なりの)暗号通貨とは何か?という疑問に対する答えなどを適当に書いていきます。

回答をざっくりまとめ

  • 暗号通貨ってそもそも何なの? → 本質はただの電子データ。しかしいろいろな仕組みによって偽造や改ざんがほぼ不可能になっている(その1で解説)。
  • なんで暗号通貨がお金のように流通しているの? → いろいろな理由(このいろいろは話すと長い)によって一部のユーザーの間で「お金のようなもの」として扱われているから。皆が「これでモノを買うことができる・サービスを受けられる」と信じているからお金として成立している(これは日本円とか米ドルとかもそう)。
  • ぶっちゃけどこで使うのさ? → 暗号通貨の送金は手数料が非常に安価なので、少額決済や海外送金など、普通にやったら手数料が高くつく分野などでの使用が想定される。また、暗号通貨の送金アドレスと個人情報が直接結びついているわけではないので、個人間取引で使用される機会が今後増えるはず(と信じている)。使い道を作るのはユーザーなので、今この記事を読んでいる貴方が使い道を生み出す。←ここを解説するよー

詳細は以下

情報収集

暗号通貨界は、恐ろしいくらいのスピードで何かが起こり、変わっていく世界です。情報は常に最新のものを確認していく必要があります。

取引履歴について

暗号通貨は、すべての取引履歴が(匿名で)全世界に公開されています。取引履歴は、自分のものも他人の物も、どんな人でも自由に確認できるのです。

この辺りで、コインアドレスやブロック番号などで取引履歴を検索できます。誰のものかわからなくても、「いつ」「どのくらい」「どこに」コインが動いたかは自由に確認できます。

暗号通貨は全世界の共有台帳があり、公開鍵(コインアドレス)と秘密鍵(各ユーザーのウォレットなどに隠された文字列)をセットで扱い、残高の移動を実現しています。なので、厳密に言えば、コインはWalletに保存されているわけではなく、コインを動かすための鍵をWalletに保存している感じです。

不正には気をつけよう

暗号通貨は、基本的に自己責任の世界です。残念ながら、不正を働く人もいます。色々な仕組みの盲点を突いて行われる不正(例:暗号通貨を現金で購入→決済システムの消費者保護のためのシステム(決済キャンセルなど)を悪用して現金を支払わない)もありますし、メールアドレスやパスワードの使い回しは、漏洩した時にコインを盗まれるリスクにつながります(暗号通貨以外でも、メールアドレスやパスワードの使い回しは避けましょう)。くれぐれも気をつけて利用しましょう。

暗号通貨が便利な分野

  • 小額決済・個人間取引

    手数料が非常に安価(Monaなら1円くらい)なので、少額決済や個人間取引、WEB上でのちょっとしたお礼などなど、気軽に利用可能です。
  • 決済時間が短い・土日でも盆暮れ正月でも決済可能・海外送金にも便利

    暗号通貨は、決済処理が早いです。(Bitcoinで1時間位、Monacoinで10分位)また、銀行が稼働しない土日祝日でも盆暮れ正月でも、24時間365日決済システムは稼働しています。また、海外向け送金でも手数料・決済時間は変わりません(銀行を利用するより早い・安い・楽ちん)
  • 発行主体がない→発行主体のルールに縛られない

    暗号通貨は、発行主体がありません(強いていうならばユーザーが発行主体)。なので、経済が狂っても、国が狂っても、発光量が急に増減することもなければ、国に縛られないので、使い方をかなり自由に模索できます。

問題点

暗号通貨にも、問題点は存在します。バブル的要素も多いです。

  • 投機の対象になりやすいので、価格が不安定になることがあります。
  • 匿名性を利用して、犯罪に使用する人もいます。
  • 法律で禁止されてその国の通貨と交換できなくなる可能性も存在します。

    日本においては、今のところはそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

結論

暗号通貨は、無料で利用したり、小遣い程度の金額で楽しむ分には非常に面白い世界です。しかし、大金を投入するなら、それなりのリスクを覚悟しなければなりません。よくも悪くも自己責任の世界なので、どのように行動するかは自分で考え、判断する必要があります。新しい技術が育つのを楽しむ…そんな感覚でやってみるのがいいかもしれません。自由です。

BitcoinやMonacoinは、なぜお金のように流通しているのか? 目次

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: