CentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジ その12

CentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジ その11 の続きです。今回はWordPressのインストールにチャレンジします。WordPressが正常稼働すれば、それなりに実用に耐えうるWEBサーバーを構築できたといえるでしょう。CentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジもこれで最終回なので、頑張っていきましょう!!

もくじ

  • CentOS7 ISOファイルの入手(その1)
  • VMwareの準備(その1)
  • 仮想マシンの作成(その1)
  • CentOS7のセットアップ(その2)
  • 初回ログイン(その3)
  • ファイアウォール(iptables)(その4)
  • sudoの有効化(その5)
  • リモートからのrootログインの禁止設定(SSH)とセキュリティ強化(その5)
  • Apacheのインストール(その6)
  • WEBサーバーとして運用するための設定(その7)
  • SFTPによるファイルのアップロード(その7)
  • PHPのインストール(その8)
  • ユーザーディレクトリでWEBサイトを公開する(その8)
  • PHPをCGIモードで(ユーザー権限で)動かす(その8)
  • デフォルトパーミッションの変更(その9)
  • php.iniと.user.ini(その9)
  • MySQLの導入(その10)
  • phpMyAdminのインストール(その11)
  • WordPressのインストール(その12)

WordPressのインストール

WordPressに限らず、WEBサーバーを稼働させる場合は、サーバーを乗っ取られないように細心の注意を払う必要があります。家庭内LAN環境でのテストサーバー(外部インターネットに接続しない)の場合はそこまで気を使うこともありませんが、インターネットで公開する場合は、ユーザー構成は以下のようにするのが良いかと思います(私個人の見解です)。

  • rootユーザー(CentOS本体のそれはSSHでのログインを封印しておくこと)
  • サーバー管理用ユーザー(sudoが使えるユーザー。SSHログイン時は公開鍵認証を使い、セキュリティを特に厳重に(rootユーザー並みに)施しておく)
  • WEBサイト管理ユーザー(sudoはできない。SSHログイン時には普通のパスワード認証でも構わない)
実際に運用する際は、各自きちんとセキュリティをしっかりして使いましょう。それではWordPressの導入作業に入ります。

データベースの設定

まずはデータベース(MySQL)の設定を行います。phpMyAdminにログインしましょう(初回なのでrootでログインします)。


MySQLでもrootユーザーでの運用は非常に危険なので、WordPress用に新規ユーザーを作成することにします。「User accounts」をクリック


「Add user account」をクリック


新規ユーザーを作成します。

  • User name…任意のユーザー名
  • Host name…外部サーバーからMySQLに接続する予定がなければlocalhostにするのが安全です。
  • パスワード…英大小文字、数字、記号を各1回以上使用したパスワードにしましょう。例(パクるの禁止) S3n8_PBi
「Database for user account」では、「同名のデータベースを作成してすべての特権を与える」か、「ワイルドカード(ユーザ名_%)に該当するデータベースにすべての特権を与える」の2つのどちらかを選択します。両方やってもいいです。データベースを複数利用するならば、後者を選択するのが良いかと思われます(ちょっとレンタルサーバーっぽくなる)。当方は後者で行きます。グローバル特権の件はノータッチでいいです。設定完了後、「実行」ボタンを押します。エラーが出た場合は、パスワードがきちんと英大小文字、数字、記号が各1回以上登場しているか、長さが十分か確かめて、必要ならパスワードを作りなおして再チャレンジして下さい。当方では、英大小文字、数字、記号各1回以上+8文字以上ではユーザー作成に成功しました。


ユーザー追加成功後、こんな画面になります。引き続き、データベースの作成です。まだrootからログアウトしないように。


「データベース」タブにアクセスし、データベースを作成しましょう。データベース名は、「データベースのユーザー名_任意の文字列」の形式で入力します(これで後は何もしなくてもそのユーザーがデータベースを使えるようになる)。ユーザー名hogeの場合は「hoge_任意の文字列(半角英数)」になります。照合順序については、何もしていなければ勝手にutf8_general_ciになります。今回は特に気にしなくても大丈夫。

なお、セキュリティを気にする場合は、更にデータベース作成等の日常管理に用いる(日常管理に必要なグローバル特権を持つ)ユーザーを追加作成し、普段の管理はそちらで行うという手もあります。今回はその辺りの説明は省きます。

WordPressのダウンロードとwp-config.php

さて、いよいよWordPressをダウンロードしてきてセットアップする段階に入りました。WordPress公式サイトにアクセスしましょう。


Zip形式のものをダウンロードしてからSFTPでサーバーに送り込んでもいいですが、SSHが使えるので、「.tar.gz 形式をダウンロード」のダウンロードURLをコピーしましょう。ここからSSHで以下のコマンドを打っていきます。

ファイルを展開したら、設定ファイルの編集です。

ここまでおわったら、ドキュメントルート以下にWordPressを移します。

コピー先のパス(/home/hoge/public_html/)は例です。各自の環境に合わせて適切なものにして下さい。

ブラウザでアクセスして設定

ここまで来たら、ブラウザでWordPressを設置したディレクトリにアクセスしてみましょう。(以下の画像はhttp://192.168.1.5/wordpress/を叩いた時の画面)


ここまで来ればWordPress稼働まであと少しです。必要事項を入力していって下さい。入力し終えたらインストールボタンを押しましょう。


早速ログインすることにします。


ユーザー名とパスワードを入力してログインボタンを押します。


WordPress管理画面が出ました。これにてWordPressインストール作業、そしてCentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジシリーズも一応完結です!!お疲れ様でした!!

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: