特定のドメインへの接続を遮断するFirefoxアドオン「Blocksite」

投稿日:2015年08月25日
最終更新日:

何らかの事情で、特定のサイトへの接続を遮断したいときに使えるFirefoxアドオン「Blocksite」を紹介します。

概要

  • ドメイン単位で接続を遮断する設定ができる。ブラックリスト方式・ホワイトリスト方式両対応。
  • 遮断通知メッセージを出さない設定も可能。
  • メニューは英語だが、日本語環境でもちゃんと動く。
詳細は以下

インストール


Firefoxのアドオン画面で、「Blocksite」で検索してください。


「Blocksite」の「インストール」ボタンを押し、指示に従ってインストールしてください。

使い方


インストール完了後、アドオン画面でBlocksiteの設定画面にアクセスします。


こんな感じの設定画面です。

Enable functions…有効にする機能を設定

  • Enable Blocksite…アクセス遮断を有効化
  • Enable warning messages…アクセス遮断時等にメッセージを表示
  • Enable link removal…遮断リストで遮断対象になっているものへのリンクを除去
  • Blacklist(リストにあるものを遮断)/Whitelist(リストにないものを遮断)
有効にする機能にチェックを入れていきます。必要に応じて機能を取捨選択しましょう。当方はBlacklistを選択して次の設定に進みます。

Blacklist…遮断リストの作成
ここで遮断リストにサイトを追加していきます。遮断対象のサイトのドメイン名を確認してから作業しましょう。「Add」ボタンを押してください。


「Location」に遮断するドメイン名を、「Description」には必要に応じてメモを記入しましょう(Locationのみでも問題ありません)。入力例は、

  • www.example.com を遮断するならLocationに「www.example.com」と入力
  • example.netがつくもの(sp.example.net や blog.example.netなど)を全部まとめて遮断したい場合はLocationに「*.example.net」と入力(ワイルドカードを使用)
みたいな感じです。「OK」すれば、設定が追加されます。

リストから選択して「Edit」を押せば編集が、「Remove」を押せばリストから削除できます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: