いじめは犯罪である。そしていじめを隠蔽することはいじめをすることと同等以上の犯罪である。

日本の学校では(おそらく)今日もどこかでいじめが発生しています。いじめは悪であり、犯罪です。加害者は当然何らかの制裁を受けます。そして、いじめがきちんと認知されてきちんと対処されれば、被害者は救済されます。しかし、なぜだか知りませんが日本の学校組織というものはいじめを隠蔽しようとする性質があります。むちゃくちゃです。

いじめを隠蔽するのも重罪だ!!

  • いじめを隠蔽してしまうと、いじめはやまないし、被害者の救済もおぼつかない。
  • 隠蔽することによって、いじめが止まらなくなり、被害者は(精神・肉体とも)血を流し続けることになる。下手すりゃ自殺する。
  • いじめが発生してしまったら、観念してきちんと対処しなければならない。隠蔽するのは被害者の人権を侵害するも同然(いじめが起きた地点で被害者の人権は侵害されているが)。

日本の学校の悪しき慣習「いじめの隠蔽」

いいかげんこの悪しき慣習を一掃しなければなりません。いじめは隠蔽したらますます解決が遠のくのです。いざとなったら警察に被害届を出して対処しなければならない案件だってたくさんあるんです。それを学校だけで対処するのは絶対に無理です。被害者の身の安全を確保するのがいじめ解決における最優先課題だと思います。そうであるならば、いじめを隠蔽するのは絶対悪です。故意に隠蔽した職員は刑務所行きです。

いじめ事件が発覚した時に、様々な批判にさらされるのはわかります。しかし、だからといって被害者の救済をしなくていい理由にはなりません。誰がなんと言おうと、いじめが発生してしまった以上、被害者の救済は最優先必須事項です。消火活動を開始するのは、被害者を安全地帯においてからで十分です。

いじめの解決に必要なのは隠蔽ではない。被害者の救済が第一。

日本の学校のシステムでは、どうしてもいじめが発生することは避けられません。しかし、だからこそ、発生したいじめへの対応が、学校側に問われます。いじめを隠蔽すれば、確かに一時的な批判の嵐は避けられるかもしれませんが、後からマスコミに地域住民に生徒に保護者に総スカンを喰らいます。被害者が一斉に警察に被害届を叩きつけ、学校側に警察の捜査が入ることも十二分に考えられます。

ともあれ、いじめを隠蔽することは絶対悪です。被害者とその保護者に石を投げつけられても文句言えないくらいの重罪です。いじめは発生するものと心得て(未然の防止策を可能なかぎり行わなければならないのはいうまでもありませんが)、発生したいじめに対して、被害者の救済を第一に迅速に対処する必要があると思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: