JavaScriptをPHPで記述する メモ

JavaScriptを組むときに、ページごとに出力するコードを変えたいことがあったりします。しかし、いちいちページに埋め込んだり、各ページごとに外部ファイルを用意するのは面倒です。そんな時には、PHPでJavaScriptを記述するのが、かなりの外道ワザながらも有効だったりします。このページにメモ書きを残します。

概要

  • JavaScriptのコードを、PHP側の処理で変化させることが可能になる技。
  • 拡張子はphpになる。サーバー側の設定変更(.htaccessとかの書き換え)は不要。
  • 外部ファイル呼び出し時にパラメータを設定できる。使い方によってはかなり有効。

コード

私の場合は、拡張子はphpでJavaScriptを出力させました。JavaScript外部ファイル側はこうなります。

抽象的ですがこんな感じです。HTML側では、

とかやれば、拡張子がphpでもちゃんとJavaScriptの外部ファイルと認識して読み込んでくれます。

このワザは、場合によってはかなり有効です。例えば、

みたいな感じで、JavaScriptファイルにパラメータを渡してやって、

…みたいな感じで処理を変えられます。サンプルコードというには大惨事な出来ですが仕様なので諦めてやってください。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: