賃金の未払い(別解:サービス残業、名ばかり管理職、ブラック企業)を一掃せよ!!「NO MORE 賃金泥棒」

映画館でよく流れている「NO MORE 映画泥棒」のパロディ…であり、同時に現在の日本に蔓延している労働基準法違反(残業時間の切り捨て計算、残業代定額制)を一掃しようという趣旨のプロジェクトが動き出しました。プロジェクトのTwitter

会社は労働基準法を守れ!!!賃金泥棒するな!!!

  • 時給計算は「1分単位」でしなければならない!!
  • 残業代定額制や名ばかり管理職も当然ながら犯罪だ!!
  • 不審な行為は労働基準監督署や労働組合に連絡しよう!!

動画は「NO MORE 映画泥棒」のパロディ。趣旨は労働基準法違反の一掃。

とりあえず、この動画を見てみてください。

NO MORE 賃金泥棒 01

NO MORE 賃金泥棒 02

残業時間の切り捨て計算、給料のピンハネ、残業代定額制(いくら残業しても残業代が増えない)、名ばかり管理職(管理職にして残業代は出さないが労働の実態は管理職じゃない)などなど、日本の会社で行われている労働基準法違反は数え上げたらきりがありません。こんなことだから「ブラック企業」呼ばわりされるのです。

慣習でそれらを維持してきたところもあるのかもしれませんが、そんなことを続けていれば現代の若者には完全にそっぽを向かれ、新人が入ってこないばかりか、不買運動が起こって会社が倒産するリスクさえ秘めています。もはや時間の猶予は1秒たりともありはしません。

労働者の皆さん、今こそ日本の企業の悪しき慣習を一掃し、労働基準法を確実に遵守させる時です。賃金をきちんと支払うのは、人を雇う会社の当然の義務です。サービス残業は断固拒否!!名ばかり管理職も断固拒否!!残業代は1分単位計算!!
NO MORE 賃金泥棒 若者仕事・生活実態調査

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: