新東名高速道路は設計速度140km/hで建設されている。全線6車線化の上で制限速度を120km/hに引き上げてもいいのではないか?

運転マナーなどによる課題もありますが、新東名高速道路の制限速度を120km/hに引き上げるのは妥当だと思います。

制限速度を引き上げれば所要時間は確実に短くなる。せっかくのハイスペック設備は効率的に使うべき。

  • 高速道路は自動車が高速で通過することを念頭に作られた道路。通行速度が上がれば移動の所要時間は短くなり、経済の活性化や余暇の増加に寄与する。
  • 諸外国の高速道路は日本のそれよりも制限速度が高めに設定されていることも多々ある。また、高速道路を移動手段として効率的、合理的に使用しているようだ。
  • 運転マナーの教育をもっとしっかりやれば、事故を減らすことは可能。高速道路の制限速度引き上げは検討されるべきである。

高速道路は「未来の時間をお金で買う」ことができる道路だ

高速道路にかぎらず新幹線や飛行機みたいに、高速で目的地に向かう交通機関は、ある意味で、未来の時間をお金で買っているのです。例えば、東京駅から新大阪駅まで向かう時のことを考えてみましょう。Google Mapによると、一般道を利用して行くと、10時間以上かかるようです。しかし、高速道路を利用すれば、これが6時間位に短縮されます。新幹線を使えば2時間半です。高速道路や新幹線を使うと、その分移動経費が増えますが、移動完了後に使える時間も増えます。自由に使える時間を増やすために、高額な移動経費を投じてでも新幹線や高速道路などを使うのです。

新幹線や高速道路、飛行機などの登場により、ある程度は時間をお金で買うことができる時代になったのです。高速道路が整備されたことにより、高速バスで人々は安価に移動できるようになり、物流面でも輸送速度の上昇で、生鮮食品をより新鮮な状態で運べ、急ぎの荷物もスピーディーに輸送できるようになりました。新幹線は大量の乗客を一気に高速輸送し、観光でもビジネスでも、時間的自由は飛躍的に拡大したと思います。新幹線は日本経済の発展を支えたといえるでしょう。飛行機(特にジェット機)は速度で高速道路も新幹線も凌駕し、また地形を無視して移動できる特性から、海外への移動や、国内でも遠隔地への移動には飛行機が大活躍です。現代は、良くも悪くも、時間をお金で買うことができる時代なのです。

ドライバーへの交通教育や一人ひとりの意識の向上とハイスペックな設備をあわせれば、制限速度120km/hは可能だ

時間をお金で買える時代が到来し、人々の生活は様変わりしたと思います。高速輸送機関を効率よく活用することによって、経済発展が支えられ、豊かな生活を送ることができます。時々事故が発生することもありますが、新幹線や飛行機は腐ってもプロフェッショナルな操縦士が運行しているので、私たちにできることは、安全に利用するための注意事項を守ることと、スタッフを信じることくらいです。一方で、高速道路は、運転免許の取得さえできれば、基本的に誰でも運転手として乗り入れることができます。当然運転者のスキルレベルもバラバラです。免許取りたての初心者や、最低限のルールもなってない人から、きちんと安全に気をつけて運行できるプロフェッショナル(模範的な長距離トラックドライバーや高速バスドライバーなど)までが同一空間にいます。事故対策には、免許取得時や更新時などの交通教育、ドライバー一人ひとりの意識の向上などが必要でしょう。

運転マナーと言っても色々あります。無理な割り込みはしないとか。運転する車両のスピードを把握し、高速道路では車両のスピード特性にあった車線を走るとか。きちんと車のメンテナンスを行うとか。ガス欠にならないようにきちんと燃料を入れるとか。高速道路を効率よく合理的に使うためには、これらの教育も必要なのだと思います。せっかくお金を使って時間を買うわけですから、安全性を保つという大前提の上で、メリットも最大限追求すべきです。新東名高速道路では設計速度140km/hを担保した設備であるというのは有名な話ですが、せっかくの設備を最大限活かすためにも、やはり教育は重要だと思います。

そして、それら運転者側の対策と、120km/h運転に十分耐えうる設備をもってすれば、制限速度120km/hへの引き上げは決して不可能ではありません。新東名は設計速度140km/hなのですから道路側は(全線6車線化すれば)完全クリア。自動車も最近のものはハイスペックですから、120km/h運転はできるはずです。軽自動車の排気量等の基準緩和(最大排気量660cc→1000ccにするとか)も合わせて行われれば完璧ですが、まあ軽自動車は別の機会に。ともあれ、環境はそれなりに整っているはずです。よって新東名高速道路の最高速度引き上げは妥当だと思います。 JAF|海外サポート:世界の交通ルール:ヨーロッパ各国の最高速度…諸外国の道路の最高速度データ

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: