自サイトのGoogle Analyticsで自分のアクセスを記録から除外する方法(WordPressを使用している場合)

Google AnalyticsでPV数などの情報を収集するとき、WEBサイト管理人のアクセスは除外しないとデータが不正確なものになります。このページでは、WordPressを使用してWEBサイトを作成している場合に、Google AnalyticsでWEBサイト管理人のアクセスを記録から除外する(記録しない)方法を解説します。

もくじ

  • 設定の手順
  • 使用上の注意など

設定の手順

今回は、WordPressのis user logged in関数を使用します。この関数を使用すればアクセスしてきた訪問者がログインしているか否かに応じて処理を分岐させることができるので、ログインしている(管理人のアクセスの)場合はGoogle Analyticsのタグを出力しないようにします。というわけで、使用しているテーマのfooter.php(Google Analyticsのタグが書かれているファイル)を開き、Google Analyticsのタグの部分を以下のように書き換えます。

使用上の注意など

このページで解説している方法だと、先述したように「WordPressにログインしていたらタグを出力せず、ログインしていなかったらタグを出力する」ようになります。よって、WordPressにログインせずにWEBサイトにアクセスすると管理人のアクセスでも容赦なく集計されます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

モナゲボタン モナゲボタン

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: