世界各地で飛行中の飛行機の現在位置がリアルタイムで分かるサービス「Flightradar24」

今私がブロク記事を書いている間にも、飛行機は世界各地で人や物を運んでいます。今回はそんな飛行機たちが今どこを飛んでいるのかをリアルタイムで知ることが出来るWEBサービス「Flightradar24」を紹介します。

もくじ

  • 「Flightradar24」の概要
  • 使い方

「Flightradar24」の概要

「Flightradar24」は、世界各地で飛行中の飛行機の現在位置をリアルタイムで把握することが出来るサービスです。飛行機を航空会社名や便名などで検索したり、任意の飛行機の航跡を確認したりするなど、色々な使い方ができます。

使い方


Flightradar24」にアクセスすると、上の画像のように地図上に飛行機が表示されます。ピンは空港を表しています。


任意の飛行機をクリックすると、飛行機の所属する航空会社や機種、フライト情報などが表示されます。太文字で表示されている3文字の空港名(IATA空港コード)にマウスカーソルを合わせると、空港名が詳しく表示されます。再度クリックすると選択は解除されます。

ある飛行機の航跡を見る


ある飛行機の航跡を確認したい場合は、まず地図を「Multi-select」に切り替えましょう。検索ボックスの隣りにあるドロップダウンメニューから切り替えることができます。


その後任意の飛行機を選択すると、選択した飛行機の航跡が表示されます。


「Only selected」を有効にすると、他の飛行機が画面から消え、選択した飛行機とその航跡が見やすくなります。

各種設定


画面右端にある歯車マークから、いろいろな設定を変更することができます。以下、使いそうな設定を列挙します。

MAP

  • Map style:どのような地図を使うかを選択します。
  • Brightness:地図の明るさを調整します。
  • Day/night line:この設定を有効にすると、昼と夜の境界線を地図上に表示します。
  • Airport pins:この設定を有効にすると、空港の場所を地図上に表示します。
  • Airport pin visibility:地図上にどれくらい空港を表示するかを調整します。数値を大きくすればするほど小規模な空港まで表示されるようになります。
  • Aircraft labels:この設定を有効にすると、この項目のドロップダウンメニューで指定した情報を各飛行機の脇に表示させることができます。


ちなみに、最後に画面を読み込んでから30分経過するとこのような画面になります。再読込すればまた飛行機の情報が表示されます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: