カテゴリ:現代社会へ思うこと

このカテゴリに属するサブカテゴリ

ブラック企業を駆逐するためには、定期的に社長などに対して労働基準法の試験を受けさせ、管理職免許を取らせるという手もあるのではないか。

投稿日:

経営者や管理職が知らず知らずのうちに労基法違反を行うような事態を防ぎ、最低限の労基法の知識すら持ち合わせていない経営者や管理職を現場から排除してブラック企業を駆逐するために、経営者や管理職を免許制にするというやり方もあるのではないかと思います。

もくじ

  • 経営者や管理職は人一人の生命を左右しうる立場。ならば免許制にしても問題はないはずだ。
  • 経営者・管理職を免許制にすれば、労基法の知識がない人が上司や社長になることはなくなる。それはブラック企業の駆逐に役立つはずだ。
  • 補足:経営者・管理職免許について
続きを読む

「個人情報保護法」が改正され、2017年5月30日以降はPTAにも適用されることに。これは現在のPTA問題を一気に変える会心の一撃となりうる。

投稿日:

部活問題と同様に、「任意加入であるにも関わらず強制的に加入させられる」ことが問題視されているPTAですが、2017年5月30日以降はPTAにも個人情報保護法が適用され、個人情報の管理を適切に行う義務が発生します。これはPTA問題の現状を一気に変える会心の一撃となりうるでしょう。

もくじ

  • 個人情報保護法の改正は、あらゆる個人と組織に「個人情報の適切な取扱い」を義務化する
  • PTAは「学校とは別モノ」であり「任意加入」である。入りたくない人は入らなくて良い組織。
続きを読む

労働者がいなければ企業は利益を出せないのだから、代役探しも有休を取る余裕の確保もリスク管理も企業の仕事だ。労基法を守れない企業は直ちに滅ぶべし。

投稿日:

某コンビニでアルバイトが欠勤した時に罰金を科したことが話題になりましたが、欠勤によって働いた分の賃金まで無効化することは明らかに労働基準法に違反しています。労働基準法一つ守れない企業は、速やかに滅ぶべきです。

もくじ

  • 欠勤したことで罰金を徴収し勤務した分の賃金をナシにするのは、労働基準法違反だ。代役探しは労働者の義務ではない。
  • リスク管理も有休を取る余裕の確保も使用者の仕事。仕事も責任も、労働者に押し付けるにも限度がある。
続きを読む

確かに法的には自力救済は禁止されている。しかしそれは、訴えがあった全ての万引き・窃盗等の案件についてきちんと警察が介入し、被害を回復することが前提となるのではないか。

投稿日:

時々世間を賑わすのが、「万引き容疑者の顔写真公開」問題です。これまでは店側が万引き容疑者の顔写真を公開する度に警察当局が公開中止を要求しています。この対応は法的には正しいと言えるでしょう。しかし、それは全ての万引き犯についてきちんと捜査が行われ、店の被害が回復されていることが前提となるのではないでしょうか。

もくじ

  • 「自力救済の禁止」が成り立つためには、窃盗等のすべての案件について司法が介入し、被害がきちんと回復されることが必要となる
  • 冤罪を防ぐことが大前提だが、被害者が泣き寝入りせずに済むようにはしなければならない
続きを読む

母語と労働環境、ゆとりを犠牲にしてまで外国語を強化せねばならないというのか。

投稿日:

2020年度に導入されるという次期学習指導要領では、小学校から英語教育を本格的に行うといいます。しかし、そのために時間的なゆとりはますますなくなり、教員と児童の負担が増えることがほぼ確定してしまいます。確かに英語ができることは大事かもしれませんが、流石に代償が大きくなりすぎている気がします。

もくじ

  • 母語の力を削れば難しいことを考えることが困難になり、授業時間を増やせば児童と教員が疲弊する
  • 母語の力を伸ばして難しいことを理解できるようにしなければ、英語ができても世界とは戦えないのではないか
続きを読む

学校当局は「部活をしない自由」をすべての教員と生徒に保障せよ。それができないのであれば、「部活システムの廃止」を要求することになる。

投稿日:

いよいよ新年度が近づいてまいりました。現在、一部の学校では部活動が生徒や教員を不当に拘束していることが問題となっています。この問題を解決するためには、「すべての生徒と教員に『部活をしない自由』を法的にも環境的にも保障する」ことが必要不可欠です。これは直ちに達成されなければなりません。

もくじ

  • 部活動は『任意』が大前提。それが守られていない地点で、現状の是正は不可避。
  • 流血の大惨事は避けたいが、かと言って『自由』を放棄することはできない。「部活システムの廃止」要求も十分ありうる。
続きを読む