SSH接続でMonacoind/Bitcoindを操作する その1

投稿日:2015年09月14日
最終更新日:

Monacoind/Bitcoindは、インストールしたらそれで終わりではなく、様々なコマンドを打って操作する必要があります。今回はSSHでログインして使う方法を少し解説します。環境は例によってCentOS6になります。長くなるので2回に分けます。情報元ページはこちらです。一応Monacoin新バージョン対応のはずです。

目次

  • 基礎講座(共通)
  • 残高の確認
  • 各種情報の確認/起動/終了
  • アドレス/アカウントの確認/作成
  • 送金(その2へ)
  • セキュリティ関連(その2へ)
詳細は以下

基礎講座

コマンドは、基本的にこんな感じで打っていきます。コマンドやパラメータの間には半角スペースをはさみます。

現時点では、Bitcoindだからといって「bitcoind hogehoge」とか打ったらエラーになります。「bitcoin-cli」ではじめましょう。また、MonacoindとBitcoindで、コマンドの打ち方は大体一緒です。頭にmonacoin-cliを付ければMonacoindに対するコマンドに、同じくbitcoin-cliを付ければBitcoindに対するコマンドになります。なお、本記事では、特に断りのない限り、Monacoindを操作するコマンドで解説します。Bitcoindを使用する場合は、各自脳内変換をおねがいします。必須のパラメータは<>で、任意で追加するパラメータは[]で表記します。

残高の確認

さて、それでは残高を確かめてみましょう。使用するコマンドは「getbalance」です。

各種情報の確認/起動/終了

今度は各種情報の確認や、Monacoind/Bitcoindの起動/終了のコマンドです。

  • 情報確認は「getbalance」
  • 起動は「(正確にはコマンドではありませんが) -daemon」
  • 終了は「stop」

そろそろコマンド操作にも慣れてきましたか?

アドレス/アカウントの確認/作成

MonacoinやBitcoinのアドレスを作成しないと、入金のしようがありません。また、Coind内にもアカウントを作成して、コインを管理することができます。その辺のコマンドの解説です。

  • アドレス生成は「getnewaddress」または「getaddressesbyaccount」
  • アカウントごとのアドレス確認は「getaddressesbyaccount」
  • アカウントの確認は「listaccounts」
  • アドレスのアカウントへの関連付けは「setaccount」

アドレスはアカウントに紐付けして管理したほうが楽です。

その2へ続きます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: