Screenpressoのインストール方法&初期設定

スクリーンショットを撮るだけでなく、撮影後の高度な編集機能まで搭載している超高機能なスクリーンショットソフト「Screenpresso」のインストール手順を解説します。初期設定についてもここで触れます。

手順の概要

  • ダウンロードページにアクセスし、ソフトをダウンロード。メアド登録の要求画面があるが、Skipボタンを押せば問題ない。
  • インストーラを起動し、普通にインストール。
  • 起動したら速攻で初期設定を変更する。Windowsと同時起動する等の機能がONになっているので、速攻でOFF。
詳細は以下

インストール


ダウンロードページにアクセスし、ソフトをダウンロードします。


ここは「Skip」を選択し、ダウンロード画面に進みます。


インストーラを起動したら、こんな画面が表示されるので、ライセンスに同意して、「コンピュータにインストール」


OK

初期設定

インストールから続きます。まずは初期設定の変更です。


「一般」タブの設定は、全部速攻で自分好みに変更してしまいましょう。Windowsと同時起動する等の機能がONになっていますが、通常はOFFで問題無いと思います。


ここも自分好みに変更しましょう。利便性に関わる大事な設定です。


後はホットキーの設定を変えておけば十分です。腕に自信があるなら高度な設定をいじるのもありかもしれません。最後に「OK」して設定を保存しましょう。

最後にスクリーンショットのファイル名の設定について補足します。「ユーザー設定」を選んだ場合は、こんな感じでファイル名を指定します。

  • 例1: 年(西暦で4桁)月(2桁)日(2桁)連番(2桁) (2015081706 など)を付ける場合… {1:yyyyMMdd}{0:00}
  • 例2: 年(同下2桁)_月(2桁)_日(2桁)_number連番(4桁) (15_08_17_number0008 など)を付ける場合…{1:yy_MM_dd}_number{0:0000}
こんな風に、日付を{1:(設定する書式)}、連番は{0:(設定する書式)}で囲って指定します。書式は次のとおりです(多分)。
  • 年…西暦で2桁でも4桁でも小文字のyで指定する
  • 月…大文字のMMで指定する
  • 日…小文字のddで指定する
  • 連番…桁数分0を入れて指定する

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: