マルチプラットフォームで多くのコーデックに対応しているメディアプレーヤー「VLC media player」

メディアプレーヤーと言ってもいろいろありますが、やはり軽くて様々な形式のコンテンツを扱えるのがいいです。今回は高速で高機能な「VLC media player」を紹介します。

概要

  • 対応プラットフォームが幅広い。Windows,Mac,Linux対応。
  • 多種多様なコーデックに対応。コーデックパック無しでもかなりの範囲をカバーできる。
  • ネット上の動画を再生することも可能。なかなか多機能。

インストール

まずはVLC media player 公式サイトからインストーラをダウンロードして下さい。ダウンロードが完了したら、ダブルクリックでインストーラを起動しましょう。UAC画面が出たら、内容を確認して続行してください。


言語を選択して「OK」


「次へ」


ライセンスを確認して「次へ」


わからない人はそのまま、分かる人は好きな様にカスタマイズして「次へ」


インストール先を指定して「インストール」


「完了」


初回起動時にこんな感じの画面が出ることがあります。オプションを自分ごのみに設定して「続ける」

再生してみる

VLC media playerインストール後は、右クリックメニューに「VLCメディアプレイヤーで再生」が追加されるので、そちらから再生できます。まあそのへんは普通です。


YouTubeなどの動画をVLCで再生したい場合は、VLC起動後、「メディア」→「ネットワークストリームを開く」を選択します。


見たい動画のURLを入力して「再生」ボタンを押すと、動画が再生されます。

各種設定


設定変更は、「ツール」→「設定」から行います。


設定によって使い勝手は大きく変わるので、自分ごのみにカスタマイズしましょう。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: