音楽CDのデータをPCに取り込むCDリッピングツール「CDex」

今回は、音楽CDのデータをWAV形式でPCに取り込むCDリッピングツール「CDex」を紹介します。

もくじ

  • 「CDex」の概要
  • インストール手順
  • 使い方

「CDex」の概要

「CDex」は、音楽CDのデータをWAV形式でPCに取り込むツールです。メニューは日本語化されており、安心して使えます。…言うまでもありませんが、著作権法的にアウトな使い方はしないようにしましょう。

インストール手順


まずはCDexの公式サイトにアクセスし、ポータブル版の最新・推奨されているバージョン(「portable」と「recommended」の文字列が入っているもの)をダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、適当なフォルダに解凍してください。


「CDex.exe」をダブルクリックすればソフトが起動します。

日本語化


CDexが起動したら、メニューバーの「Options」→「Select Language」→「Japanese」を選択しましょう。メニューが日本語表示になります。

使い方

音楽データ出力先の設定


CDexでCDから音楽データを取り出す前に、まずは音楽データ出力先の設定をしましょう。メニューバーの「オプション」→「設定」を選択します。


「ファイル名」を選択し、「WAV→MP3」と「トラック保存先」のフォルダを任意のフォルダに変更しておきましょう。また、音楽データのファイル名形式についてもきちんと指定しておきましょう。ファイル名形式入力窓の隣りにあるクエスチョンマークを押せばヘルプが表示されます。設定が済んだら「OK」を押しましょう。

CDから音楽データを取り出してWAV形式で保存する

まずはCDから音楽データを取り出し、WAV形式で保存する手順を解説します。データ量はかさみますが、CDとほぼ同じ音質を維持できるのでPCにはWAV形式で保存し、他の機器に転送する場合には必要に応じてPCに保存したWAVファイルを変換するのが良いと思われます。


まずはCDexを起動した状態でPCの光学ドライブに音楽CDを挿入しましょう。こんな感じで音楽データが認識されます。


アーティスト名やタイトルはこのように書き換えることができます。また、任意のトラックを右クリックして「トラック名を変更」を押せば、トラック名を書き換えることもできます。


準備が整ったら取り込みたいトラックをすべて選択し、画面右側にタテ1列で並んでいるうちの一番上のボタンorF8キーorメニューバーの「変換」→「CDトラックをWAVに」のいずれかを押せば、音楽データが取り込みが始まります。


取り込み完了を待ちましょう。完了したらCDexを終了して大丈夫です。

秘密結社 鷹の爪NEO マキシシングル(今回取り込んだCDです)

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: