改めてlinuxBeanを仮想マシンでセットアップ!その2

投稿日:2015年06月06日
最終更新日:

linuxBeanは、日本で開発されているUbuntuベースの軽量OSです。Ubuntu12.04LTS(14.04LTS)ベースで、初期状態で日本語が使用できます。それでは早速、仮想マシンにセットアップしてみたいと思います。古いマシンをlinuxBeanで蘇生しようと思う方も。一度仮想マシンで使い勝手をチェックするといいと思います。

セットアップの手順

  • linuxBeanをダウンロードする。(その1で解説)
  • VMware Playerをセットアップする(他の仮想マシンソフトでもOK)。
  • linuxBeanのセットアップ。
  • VMware Toolsのインストール(その3で解説)

詳細は以下

セットアップ編



作成した仮想マシンを選択し、再生

(重要)ここから先、

  • 仮想マシンの作業に入るときはCtrl+Gキー。
  • 同じく抜け出すときはCtrl+Altキー。
  • 仮想マシン自体を終了したいときは通常時は上のツールバー→Player→パワー→ゲストをサスペンド。



いろいろ出てくるメッセージは全部無視して仮想マシンに入り、一番上(Normal Live Boot)でOKです。放置しても勝手に一番上が選択されます。Enter

しばらく黒画面を眺め…



OKをクリックし、インストールメニューを選択します。



日本語が選択されていることを確かめ、続ける



ものぐさな人はチェックボックスをオンにして続ける



インストール



居住地域・タイムゾーンを選択して続ける



キーボードレイアウトを選択して続ける



ユーザー情報を登録して続ける

しばらく待機



インストール完了。今すぐ再起動する

これでインストール編も終了します。次回は初回設定&VMware Toolsを入れます。

linuxBeanセットアップ(改) 目次

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: