サクラエディタにPHPやJavaScriptの編集モードを追加する

投稿日:

サクラエディタは、初期状態ではPHPやJavaScriptの編集モードが入っていません。このページでは、編集モード追加のやり方を解説します。こちらのページを参考にさせていただきました。

目次

  • PHP編集モードの追加
  • JavaScript編集モードの追加

PHP編集モードの追加


まずは「設定」→「共通設定」


「強調キーワード」で「セット追加」を選択


セット名に「PHP」と入力


「インポート」


キーワード定義ファイルがあるフォルダ(デフォルトではC:\Program Files(x86)\sakura\keyword)にアクセスし、「PHP.KWD」というファイルを開きます。


キーワードがインポートされました。「OK」を押しましょう。しかし、まだ終わりではありません。


次は「設定」→「タイプ別設定一覧」で、設定を「追加」してください。追加したものを「設定変更」します。


「スクリーン」タブでは、「設定の名前」には「PHP」を、「ファイル拡張子」には「php」をセットします。後は好みで構いません。


「カラー」で、「強調キーワード1」に「PHP」をセットします。


より見やすくするならば、「カラー」の「コメントスタイル」もセットします。

  • ブロック型は (開始)/*  */(終了)
  • 行型は (開始)//
こんな感じでOKです。


「ウインドウ」での文字コード設定を忘れずに。終わったら「OK」でセット完了です。

JavaScript編集モードの追加


JavaScript編集モードの追加もPHPの時と同様です。「設定」→「共通設定」


「強調キーワード」で「セット追加」を選択


セット名に「JavaScript」と入力


「インポート」


「JavaScript.kwd」を開きます。


無事にインポートされたので「OK」


次は「設定」→「タイプ別設定一覧」で、設定を「追加」してください。追加したものを「設定変更」します。


設定の名前は「JavaScript」、ファイル拡張子は「js」


強調キーワードに「JavaScript」を選択し、コメントスタイルをセットすればいいでしょう。


お約束の文字コード設定を。終わったら「OK」でセット完了です。

関連記事一覧

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: