自分で構築したSMTPサーバーがスパムの踏み台にならないかチェックするサービス「RBL.JP」

投稿日:

自分でSMTPサーバーを構築し、外部ネットワーク(インターネット)に接続する場合は、SMTPサーバーがスパム送信の踏み台にされないように、細心の注意を払わなければなりません。不正中継を許す設定になっていないか、RBL.JPで確かめましょう。

もくじ

  • SMTPサーバーが踏み台に使われないかテスト
  • 結果の確認

SMTPサーバーが踏み台に使われないかテスト

まずはテストページにアクセスしましょう。


こんな感じのページが出てくると思います。ホスト名入力欄に、テストしたい(自分の)SMTPサーバーのホスト名を入力し、Checkボタンを押すと、不正中継がなされないかのチェックが始まります。あとはテスト終了画面が出てくるまで、しばらく待ちます。

結果の確認

テスト結果表示画面はこんな感じです。

最後に青文字で「no relays accepted.」と表示されれば、不正中継はされないものと思われます(きちんとソフトウェアの更新などのセキュリティを施していれば)。問題があった場合は、赤文字で何か表示されると思われます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: